表面利回りと実質利回りのチェックも重要

賃貸経営の肝とも言えるのが利回りです。利回りとは、マンションの建築費用や購入費用をはじめとする投資額に対して、どのくらい家賃収入(リターン)が得られているのかを表す収益率のことを言います。利回りには、表面利回りと実質利回りがあります。表面利回りは「年間の総収入÷総投資額×100」、実質利回りは「(年間の総収入-経費)÷総投資額×100」の計算式でそれぞれ求めることができます。総収入は、主に月々の家賃が該当しますが、マンションに空室が出れば当然ながら家賃収入は下がることになりますから、総収入も自ずと下がってしまいます。また、入居者様が集まらない場合、家賃を下げるという経営判断を下さなければならないこともあります。

賃貸経営を始めるにあたってオーナー様が建物を保有していない場合は、新たに建物を建築するか、一棟売りのアパートを購入する必要があります。その際、収益物件の収支計画を検討する上で目安となるのが利回りです。しかし、物件案内にある利回りは、表面利回りで記載されていることがあるため、注意が必要です。一方、実質利回りには賃貸経営にかかる経費も考慮されていることから、表面利回りよりも低くなる傾向にあります。より正確な収益率を把握するためには実質利回りがどのくらいになるのかを認識しておくと良いでしょう。

賃貸経営を行うにあたって、事業計画をしっかり立てるのはもちろんですが、定期的な見直しが重要になります。収益物件を安定して運営するためには、その時代に合わせて入居者様のニーズをとらえることがポイントと言えるでしょう。

< 一覧へ戻る